公益財団法人 苫小牧市体育協会
 
Tomakomai Amateur Sports Association



AED(自動体外式除細動器)貸出事業



いつでも、どこでも、誰にでも起こり得る突然の心臓停止・・・

スポーツ大会・イベントの際にAEDを備えませんか?

貸出事業をご活用ください。



                   ハートスタートHS1


■使い方は簡単

まず、緑のハンドルを引くと“電源ON”。すると音声メッセージが流れます。このメッセージは、患者へのパッドの装着から電気ショックの実行に至るまで、プロセス全体を通してユーザーに操作手順を指示します。


■心肺蘇生法(CPR)コーチング機能

CPR(胸骨圧迫や人工呼吸)を音声メッセージによってコーチング。突然の心停止が発生した方への救命処置をサポートします。




1.貸出対象団体等
   原則として、体育協会加盟団体又は、スポーツ少年団登録団体としますが、貸出の申請が重複
   しない場合には、市民活動団体、スポーツイベント実行委員会等への貸出も行ないます。

2.貸出条件

   @消防本部や日本赤十字社などの講習会修了者、医療従事者が使用すること。

   A営利を目的としていないこと

   B貸出・返却場所まで受取、返却に来れること。

3.申請手続き

   貸出しを希望する場合は、原則として貸出を受けようとする日の3ヶ月前から2週間前の日まで

に、当協会へ「AED貸出申請書」(別紙1)に必要事項を記入し申し込むこと。

4.貸出の決定等

   @貸出の決定は、本要領の貸出条件を踏まえて貸出の可否を判断し、決定を通知する。
   A同一日に多数申込のある場合は先着順とする。

   BAEDの故障又は、予期せぬ理由で貸出を出来ない場合もあります。

5.維持管理・返却

   @AEDの貸出を受けた者は、AEDを常に良好な状態で管理しなければならない。

   A貸出を受けた者は、AEDを処分したり目的外に使用してはならない。

   B貸出を受けた者は、AEDを転貸し、または譲渡してはならない。

   C返却の際は「AED使用報告書」(別紙2)を添えて返却しなければならない。

6.経費の負担
   @貸出中におけるAEDの運搬及び維持管理に要する経費は、貸出を受けた団体において負担
     するものとする。
   Aパット等の消耗品を使用した場合には、貸出を受けた者の負担により交換するものとする。



       AED貸出申請書(別紙1)

       AED使用報告書(別紙2)




PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。


TOPへ