公益財団法人 苫小牧市体育協会
 
Tomakomai Amateur Sports Association


スポーツ少年団の資格について 

1.指導者の資格について                         
                                     
日本スポーツ少年団指導者制度改正に伴うスポーツ少年団指導者資格の取扱いについて
 スポーツ少年団には、「認定員」と「認定育成員」の2つの指導者資格が定められています。いずれかの資格を保有している指導者を「有資格指導者」といいます。
  日本スポーツ少年団は指導者の資格取得を奨励しており、少年団に登録するには、各単位団に1名以上の有資格指導者が必要です。
  この指導者資格を定めている日本スポーツ少年団指導者制度が、財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者制度の改定に伴い、平成17年4月1日より改正されました。
  改正により「認定員」「認定育成員」の資格自体に変更はありませんが、資格の認定が以下の流れになります。
「認定員」とは?
 
単位スポーツ少年団活動の中心的指導者として、スポーツ少年団の理念にのっとり、その指導・運営にあたり、単位スポーツ少年団内における育成母集団をはじめ、組織の強化をはかっています。
「認定育成員」とは?
 
単位スポーツ少年団指導者の中核として、単位スポーツ少年団の育成や指導にあたり、市区町村・都道府県スポーツ少年団の組織指導者としてスポーツ少年団の普及、活動の活性化を図っている他、認定員の資質向上と育成拡充に努めています。

                           図・説明内容について日本体育協会ホームページより引用