公益財団法人 苫小牧市体育協会
 
Tomakomai Amateur Sports Association



苫小牧市体育協会の沿革





苫小牧体育協会の設立経緯



 昭和27年、当時王子製紙苫小牧工場長の早川昇は北海道柔道連盟の会長であった。昭和29年北海道で開催される第9回国民体育大会の柔道競技を苫小牧に招致する計画をたてたが、苫小牧にはその受皿となる体育協会がなく、急遽設立することになった。西田信一に会長を依頼し事務局長には友成真七(若草小学校校長)が任命された。加盟競技団体は柔道、排球、剣道、弓道、陸上、スケート、軟式野球、軟式庭球、卓球の9団体であった。翌28年、苫小牧体育協会は北海道体育協会に加盟し、市、柔道連盟、体協の3者は柔道競技の招致に成功した。国体の会場には当時市内で一番新しい若草小学校が使用され、体育館の館内及び北側、南側屋外に観客席を特設し、市民の関心は高く、大会も成功裏に終了した。体協の設立目的は国体の招致に重点がおかれていたが、大会終了後も組織はそのまま存続させ、市助成金を受けて加盟団体への助成等を行なった。




財団法人苫小牧市体育協会設立趣意書



 苫小牧市は、昭和23年に市制が施行されて以来、産業基盤の開発や港湾の整備により企業の進出も著しく、道内における最大の物流基地として、ますます発展が期待されています。また、苫小牧市は、スポーツを通じて健康でたくましい心と体をつくり、豊かで明るい都市を築くため、昭和41年に全国に先駆けて「スポーツ都市宣言」を行い、市民のスポーツ活動を積極的に奨励、推進してきました。

 苫小牧体育協会は、昭和27年に設立され、各種競技の普及振興や競技力の向上に努めるとともに、「スポーツ都市宣言」の目標とする「市民皆スポーツ」の普及にも中心的立場で取り組み、現在は31団体、約1万8千人を統括する組織として広くスポーツの振興を目指した事業を実施しております。

 しかし、近年の社会環境や生活態様の急速な変化に伴い、健康で明るい生活を求める市民要望が高まる中で、スポーツに対するニーズも多様化、高度化し、また、週休2日制の実施による余暇時間の増加から市民の自主的なスポーツ活動も活発化し、「市民皆スポーツ」を更に促進する体制づくりが求められるようになりました。

 このような状況の中で、これらの要請にこたえるとともに、スケートを始めとする各種競技の底辺を拡大し競技力の向上を図るため、数年前から体育協会を法人とすることを計画し、多くの市民の協力を得ながら基金の造成を進めてきましたが、ここに苫小牧市と苫小牧体育協会が基本財産として合わせて6,291万円を寄附し、市民各層の参画を得て、財団法人苫小牧市体育協会を設立し、苫小牧市におけるスポーツの普及振興のために必要な事業を行い、もって市民の健康・体力の増進と広く本道におけるスポーツの振興に寄与しようとするものであります。


 平成4年10月15日

財団法人苫小牧市体育協会

設立代表者 木 下 克